お客様お一人おひとりに、作りたての料理をご用意しております。そのためご注文頂きましてからの調理となり、お時間を頂いております。せせらぎの音を聞き、都会とは違うゆったりと流れる時間を楽しみながら、お過ごしくださいませ。

税込価格を表示しています。クリックすると写真が拡大

※きのこハンバーグ・てんむす盆・そば天盆は、通年メニューに記載しております。
各種、季節限定になっているものがありますが、販売期間は目安につき、HOMEページやブログ等をご確認下さい。

 

春かすみ 2022年分終了

一日のご提供数に限りあり。おひな様をイメージした新メニュー。蕗の薹の佃煮や菜の花、フキ、空豆、こごみ、うど、新じゃがなど、春先のものをちょっとずつ入れました。岩魚のお刺身は長野産です。釜ど飯の内容は、「豆ごはん」です。

 

里の春 2022年分終了

脂がのって美味しい岩魚(長野産・山梨県小菅産)はお刺身で、春の山菜やきのこは天ぷらに。蕗の薹は佃煮。釜どご飯の内容は、「たけのこ」です。山菜天ぷらの内容は、日や週により異なります。キノコは2種入り。他、週変わり→蕗の薹、よもぎ、イタドリ、タラの芽、こごみ、筍、ワラビ、こしあぶら、山椒、岩たばこ、うるい、くわ、くず、モミジ傘の天ぷら

鮎のかまどご飯
1,809円(税込:1,990円)

ちわきの名物!鮎の香り・味が口いっぱいに広がります。稚鮎丸ごと一匹に加え、ご飯にも鮎のほぐした身が入っています。鮎飯メインですので、量は多めです。あなたも、ちわきの鮎釜の虜になるかも!だんご汁、漬物付き
《締めのお茶漬け用お出汁110円》
6月~7月中は”鮎尽くし”
7月中~8月は”盛夏の鮎”がおすすめ。

川魚塩焼き盆
2,545円(税込:2,800円)

川魚の塩焼きを楽しめます。
山女の旬:3~8月、岩魚の旬:3~9月、鮎の旬6~8月です。
お魚は選んで頂けます。旬の魚を食べるもよし、お気に入りの魚を選ぶもよし。
山女・岩魚は小菅より 鮎は和歌山産です。

 

鮎尽くし  2022年終了

名の通り鮎尽くしです。大好評のため、期間を少し延長。7月中旬まで予定。大人気の鮎釜を始め、夏野菜の天ぷらを含む小鮎の天ぷらや、小鮎のみそ焼き付の三点盛り付。小鉢、刺身こんにゅく(自家製)、茶椀蒸し付き 美味しいものを詰め込んでいます。贅沢な内容ですので、きっとご満足いただけます。

盛夏の鮎 3,045円(税込:3,350円)2022終了

鮎のかまどご飯、成魚の鮎、小鮎の南蛮漬け、夏野菜の煮びたし、もろこし鮎餡かけ、刺身コンニャク(酢味噌)、お吸い物です。美味しいもの沢山!
お吸い物をだんご汁へ変更+350円



『一品料理』

岩魚のお刺身
1,240(税込)2022終了

お刺身は、脂がのって美味しい3月~6月だけご提供です。3月4月は長野産、5月6月は山梨県小菅より仕入れ捌いています。川魚の臭みは全く美味しいです。奥多摩では当店のみ!今季は長野産を8月上旬まで延長中。召し上がったことのない方はこの機会にどうぞ。

旬のてんぷら盛り合せ 890円(税込:980円)

春は山菜&きのこ 夏は夏野菜、秋はキノコ中心の天ぷら盛り合わせ
各季節ごとにあり 天つゆ:1人前20円

小鮎のみそ焼き
709円(税込:780円)
 

自家製ブレンド味噌をつけてます、頭から丸ごと食べられます。酒の肴に最適。

小鮎の天ぷら
1,164円(税込:1,280円)

3月の稚鮎に始まり9月まで。じっくり揚げていますので、時間はかかりますが、頭から丸ごと食べられます。鮎特有の苦みが堪りません。